本・ガジェット・インターネットの情報メディア

Mimia [ミミア]

使い捨てマスク 日用品

【乾燥・花粉】辛い季節を乗り切ろう!おすすめの使い捨てマスク5選

更新日:

乾燥している季節や、花粉が飛び交う季節…。

必需品の一つとして「使い捨てマスク」があります。

「使い捨てマスクってたくさん種類があってどれがいいのかわからない。」

「使い捨てマスクを買う時に気を付けるポイントが知りたい!」

本記事では「使い捨てマスクの選び方のポイント」と「おすすめの使い捨てマスク」を紹介していきます。

使い捨てマスクの選び方 3つのポイントとは

ポイント1:自分の顔にフィットするかどうか

まず使い捨てマスクの選び方で一番重要視されてくるのが、自分の顔にフィットするかどうかです。

そもそもマスクはつけているだけでは効果がなく、つけることによって口や鼻に外気が触れないようにすることで花粉やウイルス、ほこりなどをシャットアウトすることができます。

マスクの効果を最大限に活かすため、つけた時に隙間ができないかどうか、口と鼻がきちんとマスク内に収まるかどうかが重要なポイントとなります。

特におすすめされているのが、鼻の部分にワイヤーが入っているものです。

ワイヤーが入っていると鼻の部分でマスクを固定してくれるのでずれにくいですし、鼻の隙間から外気が入り込んでくるのを防ぐことができます。

ただしメガネをかけている人の場合はワイヤー部分を圧迫して痛みを感じてしまう人もいるので、その場合はワイヤーがないものを利用すると痛みを軽減することが可能です。

ポイント2:耳に当たるゴムの部分が柔らかいか

マスクを装着する場合は、長時間つけていることが想定されます。

ただ長時間マスクを装着していると耳にかけているゴムの部分が皮膚を圧迫したり摩擦してしまうため、傷ができてしまったり痛みを感じるという人も少なくありません。

場合によっては頭痛が出てくるという人もいるため、マスクを装着中は耳がかからないように注意しなければいけません。

痛みを防ぐための使い捨てマスクの選び方のポイントとして、耳にかけるゴムの部分が柔らかいものを選んだ方がいいと言われています。

使い捨てマスクの中には耳に当てる部分に柔らかい素材を使用しているものも多く、長時間装着していても負担が少ないと謳っているものも多いです。

長時間または毎日使い捨てマスクを装着するという場合は、このような素材を使用しているものを選んだ方が耳に負担が少ないのでおすすめされています。

また耳にかける部分とマスクが一体化されているものも、耳への負担が少ないため長時間つけていても不快感が少なくなります。

ポイント3:コストパフォーマンスの良さ

使い捨てマスクは1度使ったら再利用しない仕様となっているので、毎日使う場合はその都度新しいものを出すことになります。

毎日新しいものを使うということはコストパフォーマンスにも気を付けないと思わぬ出費に繋がってしまうため、選び方のポイントとして重要視されています。

ただあまり安いものを購入しようとするとマスクとしての機能性が低いものになってしまうので、コストと機能性がマッチしているかどうかで選ぶことが大切です。

おすすめの使い捨てマスク1:セーフマスク プレミアソフト (メディコム)

アルミ製ノーズフィットを使用していて、顔にしっかりフィットしてくれる使い捨てマスクとしておすすめされています。

3層構造で花粉やウイルスをしっかりブロックしてくれますし、平たい形状のゴムを使用しているため長時間つけていても耳が痛くなりにくいところもポイントです。

コスト面でも50枚入りで498円と安く、手軽に利用しやすくなっています。

おすすめの使い捨てマスク2:使い捨て不織布マスク(HADARIKI)

口元が立体的なプリーツタイプの使い捨てマスクで、フィット感が安定しているのに息苦しくなりにくいところが特徴です。

また3層のフィルターでウイルスや花粉をしっかり防いでくれますし、耳が痛くなりにくいゴムを使用しているため長時間使用しても不快感が少ないところがおすすめされています。

さらにコストパフォーマンスも良く、50枚入りで250円とかなりリーズナブルな価格で提供されています。

おすすめの使い捨てマスク3:快適ガードプロ(白元アース)

プリーツタイプの使い捨てマスクで、マスクの上部にクッションを取り付けることでノーズフィットを使用せずに隙間を埋めているところが大きな特徴となっています。

そのためノーズフィットよりも鼻への負担が少ないのはもちろん、マスク上部の隙間をしっかり塞いでいるので花粉やウイルスを防ぐ機能も向上しています。

ワイド幅の耳紐を使用しているため耳への負担も少ないですが、30枚入りで1,573円とほかの使い捨てマスクよりもややコストは高めです。

それでも機能性の高さを踏まえると妥当な価格だとされているので、コストパフォーマンス面でも納得の商品だと言われています。

おすすめの使い捨てマスク4:快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ(白元アース)

プリーツタイプの使い捨てマスクで、PM2.5、花粉などを99%フィルターしてくれます。

最大の特徴は長時間つけていても耳が痛くならないということです。

耳ひもが柔らかく作られているため、メガネをつけた状態でも耳が痛くなることがありません。

コストパフォーマンスも60枚入りで648円とリーズナブルで、頻回に購入する手間も省けます。

おすすめの使い捨てマスク5:超立体マスク(ユニチャーム)

立体型なので絞めつけ過ぎずに息苦しさを感じにくいだけではなく、マスク内の湿度を維持できることから喉の乾燥も予防できます。

立体型は顔へのフィット感が安定していますし、幅広の耳紐を使用しているため耳が痛くなりにくいところもポイントです。

100枚入りで1,082円とコスト面でも使い勝手がいい使い捨てマスクとして人気を集めています。

使い捨てマスク Amazon公式ランキングも要チェック!

Amazonが独自集計した使い捨てマスクの売れ筋ランキングも要チェックです。

おわりに

使い捨てマスクの選び方のポイント、おすすめの使い捨てマスクについて紹介しました。

辛い季節を乗り切るためにもぜひあなたに合う使い捨てマスクを探してみて下さいね。

-使い捨てマスク, 日用品

Copyright© Mimia [ミミア] , 2019 All Rights Reserved.