本・ガジェット・インターネットの情報メディア

Mimia [ミミア]

シューズ ファッション

【一万円以下】コスパ最強のビジネスシューズおすすめをご紹介。【人気メンズブランド】

更新日:

おしゃれは足元から」なんて言葉がありますが、ビジネスの世界でも靴はとても大事なアイテムです。

いかにも安くみえる靴や汚れている靴を履いていると、その人自身の信用も落ちてしまいますよね。

ビジネスシューズは時計やスーツなどと同様に、ピンからキリまで幅広い価格帯のアイテムが存在します。

この記事では1万円以下で購入できる、安いけど安く見えないコスパ重視のビジネスシューズをご紹介いたします。

ビジネスシューズの購入をご検討している方は、是非参考にしてみてください。

ビジネスシューズの選び方

数千円程度のもの、何十万円もするもの。違いは何なのでしょうか。

一番大きい値段の違いはやはり「素材」の違いです。

また、「履き心地」と「耐久性」にも高いもの安いものの違いが現れます。

「本革」と「合成革」って何が違うの?

素材は大きく「本革」と「合成革」に分けられます。

本革と合成革では履き心地と耐久性に大きく違いがでてきます。

もちろん本革製の方が優れておりますが、合成革にも実はメリットがあります。

合成革のメリットは「撥水・防水性に優れており比較的安価」な点です。

履き心地と耐久性も最近の合成革はだいぶ良くなってきており、本革に遜色ないほどのアイテムも出てきています。

長持ちするには「履き方」を工夫する

ビジネスシューズに限らず靴って履けば履くほど劣化し汚れてしまいますよね。

足は思った以上に大量の「」をかくので、革製品であるビジネスシューズは蒸れることで特に痛みやすいものです。

また、蒸れるもうひとつの原因として「」があります。

例えば1足のビジネスシューズしか持っていない場合、汗や雨で濡れた靴を充分に乾かないまま次の日も履くことになるため、カビや靴表面の痛みがでてきてしまいます。

1足ではなく、2〜3足のローテーションをすることで靴の寿命を長くするのがおすすめです。

1万円以下で履けるビジネスシューズ(革靴)おすすめアイテム

ここからは具体的なビジネスシューズおすすめアイテムについて見ていきましょう。

以下では、1万円以下で購入可能な特に人気が高い革靴・ビジネスシューズをご紹介していきます。

スニーカーの履き心地!あのアシックスが作った大人気ビジネスシューズ「アシックス テクシーリュクス」

スポーツメーカー大手のアシックスが手がけた、歩き続けても疲れない「スニーカーのような履き心地」を追求したビジネスシューズ。

外回りの営業など、日々歩く時間が長いかたにオススメできる革靴となっています。

メイン素材 牛革
ソール素材または裏地 EVA
ヒールの高さ 5 cm
留め具の種類 レースアップ
ソールの厚さ 2cm
ここがポイント!

  • アシックスが手がけたビジネスシューズ
  • スニーカーのような履き心地
  • 歩く時間が多い方にオススメ

年間販売数3万足オーバーの超コスパシューズ「神戸リベラル 軽量・撥水ストレートチップ ビジネスシューズ」

神戸リベラルのビジネスシューズは、日本人の足の形を研究して作られた日本人が履きやすいビジネスシューズです。

中敷にもこだわっていて、かかと部分に低反発素材を採用することで、クッション性を高め、かかとの負担を軽減します。

カラーバリエーションは「カジュアルなブラウン」、「濃淡が渋いダークブラウン」、「基本の色ブラック」の3色となっています。

メイン素材 合成皮革
ソール素材または裏地 ゴム
ヒールの高さ 3cm
留め具の種類
ここがポイント!

  • 年間販売数3万足オーバーの大人気シューズ
  • 日本人が履きやすいビジネスシューズ
  • 低反発素材の中敷きを使用することでかかとの負担と軽減

高級感のあるイタリア製天然牛革を使用!「Foxsense(フォクスセンス) ビジネスシューズ 紳士靴」

フォクスセンスのビジネスシューズは、イタリア製天然牛革を使用したお洒落なビジネスシューズです。

インソールを厚めにすることで衝撃吸収力を高め、足元の疲れを軽減する点も◎です。

カラーバリエーションは「ブラウン」、「ブラック」の2色となっています。

メイン素材 イタリア製天然牛革
ヒールの高さ 3cm
留め具の種類 レースアップ
ここがポイント!

  • 高級感のあるイタリア製天然牛革を使用
  • 足元の疲れを軽減するインソール
  • 履き心地はソフト

晴れの日も雨の日もOK!全天候型ビジネスシューズ「ハイドロテック ブルーコレクション」

ハイドロテックブランドのビジネスシューズは晴れた日も雨の日もOKの全天候型

内羽根式ストレートチップで高級感ある本革を使用している。

靴幅 3E
メイン素材 天然皮革
ソール素材または裏地 合成底
ヒールの高さ 3 cm
ここがポイント!

  • 晴れの日も雨の日も!
  • 内羽根式ストレートチップ

リーガルの兄弟ブランド。コスパ最強シューズ「KENFORD(ケンフォード) ビジネスシューズ KB48AJ」

あのリーガルの兄弟ブランドであるケンフォードが手がけるビジネスシューズはデザインも作りもしっかりしている本格派。

リーガルだと2〜3万からとなるが、こちらのアイテムは1万円以下で非常にコスパが高い

革質は柔らかめなので歩きやすいのも◎

メイン素材
表地 レザー
ここがポイント!

  • リーガルの兄弟ブランド、ケンフォード製
  • 1万円以下の高コスパシューズ
  • 歩きやすいタイプ

本革ウィングチップが特徴。履き心地◎「Dessert(デザート) 本革ビジネスシューズ」

イタリアンテイストが売りのビジネスシューズ。

天然皮革を使用し履き心地も問題なし。ブラックのスーツに似合う大人なアイテムとなっている。

メイン素材 天然牛革(イタリア製)
表地 天然牛革(イタリア製)
ヒールのタイプ スクエアヒール
留め具の種類 レースアップ
ストラップの種類 甲ストラップ
ここがポイント!

  • オシャレなイタリアンテイスト
  • 天然皮革使用
  • 履き心地も◎

5,000円↓には見えない本格派シューズ。「HUMG FENG ビジネスシューズ」

5000円以下で買えちゃうビジネスシューズの中でも特におすすめなアイテム。

飽きのこないシンプルなデザインも◎

ビジネス、フォーマルシーンどちらにも対応できる万能ビジネスシューズです。

ここがポイント!

  • 5000円台アイテムのなかでもおすすめ
  • シンプルデザイン
  • ビジネス、フォーマルどちらでも

ビジネスシューズ Amazon公式ランキングも要チェック!

Amazonが独自集計したビジネスシューズの売れ筋ランキングも要チェックです。

-シューズ, ファッション

Copyright© Mimia [ミミア] , 2019 All Rights Reserved.